どのような治療を行うか

診療室

健康に気を付けて長生きするためには歯の健康を整えることが大事になり、年齢を重ねるほど歯の衰えが出てきて入れ歯にする人が増えてきます。入れ歯では思うように物が噛めなくなるという理由からインプラントの治療を行う人が増えてきており、横浜はインプラントの治療レベルが高いという理由から多くの方が集まってきます。インプラントはあごの骨にねじを埋め込みそこに人工の歯をつけますが、強度があるため入れ歯のように噛むときに力がかかりにくいということがないです。治療法として大掛かりになるため数回に分けて手術しなければいけないことや料金がかかることが挙げられますが、自分の歯や口の状態に応じて仕上げることができ他の歯の影響もかからないです。さらに入れ歯と比べて見た目も健康な歯が生えているのと同じ見た目になりますので、人前で話したりすることも抵抗がないです。基本的には1回法といわれる1回の手術ですべてを終わらせるのが一般的ですが、中には骨の硬さや歯の生え方が原因で1回で手術できないケースもあります。その際は2回以上にわたって手術していきます。手術が終わっても定期的にメンテナンスを受ける必要があり、最初は1か月ごとに受診しますが1年経過した後は1年に1回のペースで受診します。手術したからと言っても日常のケアは丁寧に行わないと再度手術するケースも出てくるため、専用の歯ブラシで自分で日常のケアをする必要があります。

説明がきちんとされているか

インプラント

実際に治療を受けるにあたり横浜でインプラントの手術をしてくれる病院を選ぶ必要があるが、選ぶポイントがいくつかあります。まずは専門医がいるかがポイントでインプラントのことに対して知識を持っているかが大事です。しかしこれだけではなくそれ以外の知識もないと、総合的に治療することができないです。専門医だとインプラント以外はできないという医者も多くいますが、手術だけで根本的な解決ができるのは難しいので他に関する知識は必要です。そして歯だけでなく糖尿病や心疾患などの持病を持っている人が治療を受けるケースも多く、治療中に持病が悪化するケースもあります。こうした持病が出た時にも適切に対応することができる知識を持っているかも、横浜にある病院を選ぶうえで大事なポイントです。病院といっても中には資金の関係で衛生面や設備が不十分であったりするケースもありますが、自分の体にメスを入れる以上衛生面が行き届いていなかったり設備が不十分である病院を選ぶべきでないです。

広告募集中