HOME>オススメ情報>入れ歯や差し歯の不便さを感じることがない
歯科治療

新しい歯が生えたと同じ感覚に

虫歯や顔のケガなどで歯を失ってしまった時には、二度と生えることが入れ歯や差し歯と言う形でフォローするしかない時代が続きました。この入れ歯や差し歯になってしまうと、ものよく噛むことが出来なくなり、消化能力が落ちてしまうなどのことから胃に負担がかかってしまうとか、発音が悪くなってしまうなどのことが起きてしまいます。入れ歯になるとどこか不安定な口の中と感じる人も多く、入れ歯をやめたいと考えても、他に方法がありませんでした。それがインプラントが出来たことで、歯の再生とまで言われるようになり、入れ歯がかかえる問題を全て解決するに至ることになりました。横浜の歯科医で行うインプラントとは人体に埋め込む人工物で、歯の抜けた後に人工物を埋めることになります。インプラント治療では他の歯を傷つけることがないことも、歯を長持ちさせるには最良の手段となっています。

病院の設備も大事なことに

歯が再生出来た感じがすると言われるインプラントは、高齢化社会にとっては非常に良いことになっています。食事をするなどの行為が入れ歯とは全く違い、しっかり噛むことが出来ることから内臓にも良い影響を与えることになるからです。そんなインプラントで注意しなければならないのは、医師選びです。しっかりと技術力を持った医師を選ぶことや、歯科医に備えられている設備にも注意しましょう。横浜にある歯科医で隔離されたオペ室があることや、生体モニターと言われる心電図や脈拍などを測る機器、更には検査用でもあるCTがある歯科医を選びます。経験豊な医師選びから始まり、カウンセリングをしっかり行ってくれることも大事なことになります。治療期間や治療方法を細かく説明して、患者さんが納得出来る医師を選ぶようにしましょう。また保険が効かないことからも、料金体系の確認も忘れてはいけません。

広告募集中